入社から4~5年目、日本がまだ石油ショック前の高度成長を謳歌していた時期のことです。繊維事業が売り上げの多くを占めていた旭化成も例外ではありませんでした。