復興に向け、地域をまとめるのは平凡な「寿司屋の親父」。津波で消失した商店街を再生し、街作りでも先頭に立つ。自分が生まれ育った「あの頃の気仙沼」を取り戻すために。