──多忙な企業経営の傍ら、ビジネス書を執筆しようと思った動機をお聞かせください。