「東京の大学に入って弁護士になる。そして、南三陸に戻って復興の役に立ちたい」。今号の特集で取り上げた、被災地の寺子屋施設「TERACO(テラコ)」で学ぶ女子中学生の言葉です。恐らくこの生徒は震災がなければ、これほど早く将来の目標を持つことはなかったでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り651文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。