原発事故の悲劇は、企業に「成長のあり方」を問いかけている。戦後経済成長は、地方の人材と資源を中央に集める「一極集中」と「効率」で達成された。その象徴だった原発が崩れた今、発展モデルは「逆転の構図」へと動き始めた。