震災から1年が経ち、被災地は現状をどう捉えているのか。生の声に耳を傾けるべく、本誌は被災3県の127自治体に対してアンケートを実施した(回答数は66)。被災地が抱える問題がどこにあり、国に対してどんな要望を持っているのかを聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1982文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 3・11 まだ見ぬ未来へ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。