被災地で作られている復興プロジェクトに暗雲が立ち込めている。補助金の使い勝手や不十分な規制緩和、計画を推進する人材不足が要因だ。震災から1年。夢と現実の落差を直視する時が来た。