三陸の荒波が海岸に打ち寄せる時、死者の霊が波の上を歩く。東日本大震災の巨大津波は1万人を超える人々を一瞬にしてのみ込んだ。難を逃れて生き残った人々は、突然消えた家族や知人の幻影を見るという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1829文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 3・11 まだ見ぬ未来へ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。