三陸の荒波が海岸に打ち寄せる時、死者の霊が波の上を歩く。東日本大震災の巨大津波は1万人を超える人々を一瞬にしてのみ込んだ。難を逃れて生き残った人々は、突然消えた家族や知人の幻影を見るという。