東日本大震災から1年、この間に、幾度となく被災地に足を運びました。いまだに解体されずに立ち尽くす建物や、集められたが行き場のない瓦礫の山々を見るたびに、復興の遅れを感じざるを得ません。