太陽エネルギーを使って、水と二酸化炭素から燃料や化学原料を作る人工光合成。化石燃料に依存せず、二酸化炭素の削減にも寄与するため、脚光を浴びている。技術的なハードルは高いが、実用化に向けて世界各国が本腰を入れ始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3562文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題