太陽エネルギーを使って、水と二酸化炭素から燃料や化学原料を作る人工光合成。化石燃料に依存せず、二酸化炭素の削減にも寄与するため、脚光を浴びている。技術的なハードルは高いが、実用化に向けて世界各国が本腰を入れ始めた。