「常に現場を見てモノを考える」。10年以上前から心がけてきた姿勢です。家電量販店にとって、お客さんが気持ちよく買い物ができる店作りは何よりも重要です。そのためには本部に閉じこもっていてはダメ。現場を見て、現場で考えなければなりません。