全国の暴力団排除条例に対応するため、事業者が「何を」「どこまでの深度」で行うべきかを解説する。最初に旧来とは異なる反社会的勢力の特徴、侵入手口などを示し、反社会的勢力の見極め方を紹介。契約締結前の取引拒絶、締結後の解除や海外取引先、従業員、株主・出資者への対応など、排除に向けた実務を詳細に説明する。そのまま活用できる通知書などの書式も掲載。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1435文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題