可視化、分散化、標準化。サプライチェーン強化のためにやるべきことは分かっている。だが、いずれも実現には、取引先まで巻き込んだ大規模な改革が避けられない。リスクに強い調達・供給網作りという難題に、多くの日本企業が苦悩している。