地球規模の天変地異や民族紛争などにより、リスクのない地域は世界から消えた。日本企業は、有事が定期的に起きることを前提に、調達・供給網を構築するしかない。しかし、それは言うは易く行うは難し。実現には高い壁が立ちはだかる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2387文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 不屈のサプライチェーン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。