昨今、企業は財務やCSR関連など様々な指標を掲げて経営改革に挑んでいる。高い目標の設定は、全社の意思を統一して組織にスピード感をもたらす。だが、一方で落とし穴も多い。KPIマネジメントの要諦を解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5354文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題