日本を代表するビールの雄、キリンホールディングスが苦境に陥っている。通期決算はビール4社の中でも見劣りし、ブラジル社買収から株価も低迷。本社移転や組織改編、社長交代によって反撃に出るが、視界は良好なのか。