私は企業経営を「5人に対する使命と責任を果たすための活動」と定義している。5人とは、社員とその家族、外注先・下請け企業の社員、顧客、地域社会の住民、株主を指す。この原理原則を守っていれば、売り上げや利益はその結果として生まれてくるものだ。シリーズで3作出版した『日本でいちばん大切にしたい会社』で取り上げた企業を訪問した時にも、数字には表れない“空気”を見るようにしていた。社員食堂やトイレなどを見れば、社員を幸せにしようとしているかどうかが分かるものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1053文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 隠れた「お手本」企業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。