中国の高度成長期も終わりか。国際通貨基金(IMF)が2月6日に発表した世界経済見通しを見て、そう感じた人も多いのではないか。IMFは2012年における中国のGDP(国内総生産)成長率を8.2%と予測した。これは2011年9月時点の見通しより0.8%下方修正した値であり、2011年の実績(9.2%)からは1.0%も低い。