EV(電気自動車)に対する購入補助金の意義が問われている。 原子力発電所からの電力でEVを充電するという前提が崩れてしまったからだ。 一方、政府支援がなくても市場が成り立つよう、電池メーカーなどが動き始めている。