ヤマハ発動機がインドの2輪車市場で攻勢をかける。2015年までに120億円を投じ、現地生産能力を現在の約60万台から160万台に増強。1200店強ある販売店も2000店に増やす。排気量150ccの高価格製品が主力だったが、需要の多い125ccクラスの商品を投入して市場シェアの拡大を狙う。