2015年10月にかけて10%に上がる今回の消費増税に対しては、懸念を通り越して不安に思っている。1997年の増税時には、直後2年間で全国の住宅着工戸数が45万戸も減った。仮に、今回の増税で同じだけ着工戸数が減るとすると、年間50万戸を割り込んでしまう。住宅業界にはあまりにインパクトが大きい数字だ。