パナソニック7800億円、シャープ2900億円、ソニー2200億円...。  日本を代表する家電メーカー3社が、2012年3月期に揃って大幅最終赤字に転落することが明らかになり、産業界に衝撃が走った。言うまでもなく、3社の不振の共通項は家電の王様、テレビで稼げなくなったことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4478文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 消費税30%の足音」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。