「幹部や部門長など人の上に立つ人間は、自分の持ち時間の2割ぐらいは後進の教育に充てないといけない」。社内の幹部研修で最近、こう言っています。これが大変なことは分かっています。かく言う私も、過去を振り返って勘定してみると、人材の育成に割いた時間は十数%ぐらいでしたから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1226文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。