「幹部や部門長など人の上に立つ人間は、自分の持ち時間の2割ぐらいは後進の教育に充てないといけない」。社内の幹部研修で最近、こう言っています。これが大変なことは分かっています。かく言う私も、過去を振り返って勘定してみると、人材の育成に割いた時間は十数%ぐらいでしたから。