東京電力は13日、2012年3月期の業績見通しを発表した。福島第1原子力発電所の事故に伴う賠償金のほとんどを国の資金で賄いながら、6950億円の連結最終赤字になる見通しとなった。3月末にまとめる総合特別事業計画の立案時には「単独の自己資本比率は4%台になる」(西澤俊夫社長)見通しだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り527文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年2月20日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。