銀行が力を入れる金融商品が変わってきた。ここ数年、銀行の主力商品は投資信託であったが、長引く欧州債務問題や新興国の景気減速で投信の運用環境は低迷を続けており、新規資金の流入は見込みにくい。