旭化成は在宅での血液人工透析を事業化する。現在はかさばる透析設備の小型化を進めるほか、医師への報告や資材の発注をタブレット端末で行えるシステムを開発する。