オオクボでは毎夜、日本語が不自由な子供のための学校が開かれる。母語を持たない子供たちはアイデンティティーを求めて街をさまよう。外国人を受け入れた先の現実──。オオクボは日本の未来を問う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4851文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 オオクボの磁力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。