オオクボでは毎夜、日本語が不自由な子供のための学校が開かれる。母語を持たない子供たちはアイデンティティーを求めて街をさまよう。外国人を受け入れた先の現実──。オオクボは日本の未来を問う。