韓流ブームが生み落とした起業家はオオクボの街を韓国色に染め上げた。異国で生き抜くハングリー精神と飽くなき事業欲、それが街の熱源となる。景気低迷が常態化した日本だが、ここには高度経済成長のパワーがみなぎっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5392文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 オオクボの磁力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。