業務には必要でも、本業とは直接関わらない備品や資材などの「間接材」。そのコストは見過ごされがちだが、集計すれば無視できない金額になる。手つかずの部分が多いコストだけに、削減効果は大きい。