2000年の社長就任から昨年末に会長に就くまでの11年間のうち、後半の5年間は特にコーポレートガバナンス(企業統治)の改革に力を注いできました。2007年に純粋持ち株会社に移行し、現在は8人いる取締役のうち半数の4人が当社とは利害関係のない社外の方です。取締役会に提言や提案をする「コーポレート・ガバナンス委員会」や「指名・報酬委員会」は社外の取締役や監査役が過半数を占めます。