「デフレの旗手」と言われた100円ショップが今、転換を迫られている。スーパーなどが価格競争力をつけ、価格の優位性が低下したためだ。そんな中、「100円の縛り」を独自開発のシステムに落とし込み、強みに変えた。