日米両国で雇用者報酬が伸び悩んでいる。日本では、企業収益の低迷が雇用所得の足を引っ張っている。企業は海外で得た富で雇用所得を増やすことが必要だ。