大阪府在住の西谷敦氏(仮名、29歳)はネットオークションで生計を立てている。仕組みはこうだ。西谷氏いわく、ネット上に「恐らく中国に輸出するのだろう、ニコンのデジタル一眼レフなどを数十台単位で買おうとする人がいる」。なじみの家電量販店に足繁く通い、販売ノルマ達成などの見返りに店頭価格より安い価格で仕入れる。これをネットで商品を求めている人に「納品」し、値ザヤを稼ぐ。パソコン部品なども手がけ、利益は多い時には月30万~50万円に上るという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1588文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 資産逃避」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。