大学で教員を務める広野直行氏(仮名、40代)は10年ほど前、妻と小学生の子供を連れてシンガポールに移り住んだ。採用してくれた現地の大学で良いポストにも恵まれ、今後もとどまるつもりだ。「国際競争力を意識した研究がしやすい。日本に帰国するつもりはない」と語る。子供は欧米の大学に留学させることも視野に入れ、現地校に通わせている。月給と月々の生活費は日本とほぼ同額だが、所得税が安い分、生活にもゆとりが生まれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1569文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 資産逃避」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。