日本を代表するキーボード奏者は今では鉄道業界を陰で支える存在だ。持ち前のセンスで発車メロディーや運転シミュレーターを創造してきた。鉄道と音楽。畑違いの世界を融合し、「メード・イン・ジャパン」復活に挑む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5815文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題