かつて高品質・高機能は「日本」ブランドの代名詞だった。韓国だけでなく、中国や台湾企業も実力を伸ばしてきた中、日本企業のブランド戦略は見直しの時期に来ている。