会社を率いる立場になり、改めて強く意識しているのが、「現場の生きた情報を基に判断する」ということです。