日本の政界で、いわゆる「1票の格差」問題を解消するための議員定数是正について議論が続いている。この問題は今に始まった話ではない。議員にとっては自らの地位、政党にとっては党勢に関わるため、結論を出すまでに時間がかかるのが常だ。特に今回は、消費税増税を打ち出した野田政権が「政治家も自ら身を切っている」姿勢を示そうと議員定数の削減を併せて提案しているため、余計に議論が複雑になっているようだ。