家族を海外に移民させ単身中国に残る役人、“裸官”の汚職事件が相次いでいる。そんな中、広東省が「裸官は党組織のトップに就けない」という対策を決定した。官吏の財産を公開するなどして透明性を高めなければ、汚職撲滅はおぼつかない。