今年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)は、楽観ムードに包まれていた。だが、エリートたちが共有した “ダボス・コンセンサス”は、あまり当てにはならない。欧州にある世界経済の「時限爆弾」の処理は遅れ、低成長が長期化する恐れもある。