SNSの利用目的を明確にすればおのずと成果が見えてくる。成果を示せれば、“SNS疲れ”に負けない体制が整う。活用に成功した各社の事例から、こんな処方箋が浮かび上がる。