ウェブサイトやメール、SNSなど企業や個人で運営しているサービスが突然、想像を超える批判を浴びて対応に追われ、謝罪、極端な場合にはサービスの閉鎖に追い込まれる。インターネットの世界では、炎上と呼ばれるこういった事態が後を絶たない。中には、関連する製品・サービスの不買運動やデモなどにまで発展することもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1826文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 忍び寄るSNS疲れ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。