鉄鋼大手の2012年3月期決算予想が軒並み下方修正された。「六重苦」にタイの洪水と市況下落という「苦難」が加わる。さらに内需は韓国勢に侵食され、一段の合理化を迫られそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1432文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年2月6日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。