世界の製造業購買担当者景気指数(PMI)が底入れしてきた。機械各社にとっては、先行きの受注状況の改善を示唆する。ただ本格的な戻りにつながるかは、今しばらく見極めが必要だ。