社員の約30%が研究員という類のない組織を統率し、R&D(研究開発)の重要性を説く。新興国や途上国の需要を深掘りしつつ、国内の消費者ニーズの変化にも機敏に対応する。世界トップ10を目指し、事業の構造改革や人材育成を急ぐ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5949文字 / 全文6046文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年2月6日号 88~91ページより目次