理念の作成、内外の知恵の活用、目標管理制度、意識改革――。こうした県庁経営を支える仕組みを構築する一方で、湯崎は具体的な政策でも手を打ち始めている。特徴的なのは、「選択と集中」と「クリティカルマス」を徹底しているところだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1825文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 広島県庁の星、「官僚」を超える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。