理念の作成、内外の知恵の活用、目標管理制度、意識改革――。こうした県庁経営を支える仕組みを構築する一方で、湯崎は具体的な政策でも手を打ち始めている。特徴的なのは、「選択と集中」と「クリティカルマス」を徹底しているところだ。