県庁内に行動理念という心棒を通した湯崎。並行して意思決定と政策を練る舞台装置を作った。外部の識者が半分を占める「経済財政会議」と局長以上が参加する「経営戦略会議」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り933文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 広島県庁の星、「官僚」を超える」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。