県庁内に行動理念という心棒を通した湯崎。並行して意思決定と政策を練る舞台装置を作った。外部の識者が半分を占める「経済財政会議」と局長以上が参加する「経営戦略会議」だ。