4期16年にわたって広島県に君臨した藤田雄山の後任を決める広島県知事選挙。無名だった湯崎英彦の出馬表明に、県庁内では静かなどよめきが広がった。