1兆円の公的資金注入、電気料金値上げで東電に薄日が差す。裏には原発事故の巨額の除染・解体費用と発送電分離がある。値上げなどに批判は強く、再度の危機の可能性は消えない。