国内の家庭用インクジェットプリンター市場に今、ちょっとした異変が起きている。昨年秋に発生したタイの洪水による被害で大手のキヤノンが商品を十分に供給できない状況が続き、ライバルのセイコーエプソンがシェアを急拡大。さらに3番手のブラザー工業が存在感を強めているのだ。